MENU

自宅で脱毛するならおすすめの方法はどれ?

やっぱり時間もないし、脱毛サロンに毎回行くのは面倒くさい・・・家で出来たらいいのに、と思うことは結構ありますよね。
昔の家庭用脱毛器というとあんまり性能が高くないものが多くありましたが、現代で販売されている家庭用の脱毛器はかなり性能が進化しています。
値段も、まぁ脱毛エステサロンに通うよりはずっと安いし、なにより時間を選びませんよね!
例えば仕事から帰ってきて、遅い時間になったとしても家に脱毛の機械があるのですから、その夜にでも脱毛をすることが出来るんです!これはいいですよね~。
ただ、これだけをみていると「あれっ、家庭用の脱毛器ってすっごいいいんじゃない?」と思いますよね。ちょっと待って下さい!
やっぱり物事には、よい面があれば悪い面があります。いわゆるデメリットというやつですね。こういったデメリットを知っておくことで、納得して脱毛器を使うというのがいいでしょう!

 

これから脱毛をしようかな、と思っている人はぜひチェックしてみてくださいね!

 

 

自宅で脱毛することのデメリットって?

まず、自宅で脱毛器を使って脱毛することのメリットは前述通りです。時間も選びませんし、なにより楽ですね。
ただ、この「時間を選ばない」というのはえてして油断につながるものです。つまりは、今日は脱毛する予定だったけど、疲れてるからまぁいいや・・・とか、いつでもできるから今日しなくてもいいよね!という気持ちになっちゃいます。
まぁこれは人間ですから仕方ないですが、脱毛マシンがあるのにやらないっていうのは単純にもったいないですよね。
また、自宅で脱毛器を使う時は大体一人で、自分で脱毛しますよね。ここにもデメリットが潜んでいます。
脱毛エステサロンの場合はスタッフさんがついてくれて、どこの箇所でも施術をしてくれます。ですが、家庭用脱毛器の場合は、どうしても背中などの自分の手が届かないところはやりづらいんですね。
私も家庭用脱毛器を持っていますが、どうにか背中を脱毛したくて背中側に手を回してみましたが・・・無理!なんてことを何回か繰り返した思い出があります。
また、家庭用脱毛器は種類によって準備に時間がかかってしまうこともあり、なんだかんだ面倒くさくなってやらない・・・・なんてことがあるんです。これはデメリットですね。

 

 

家庭用の脱毛器ってどんなの?

それ以前に、家庭用の脱毛器ってどんなもの?と不思議に感じている人もいるかも。今や脱毛はサロンや医療機関だけのものではないんです。
普通に家電量販店などで手に入りますし、こだわりたい方はインターネット通販などでも様々な機種が売られているので、一度購入してみたいな、という方はインターネットで調べてみるといいでしょう。
今やインターネット上の口コミというのは、なによりも参考になりますよね。自分の脱毛プランにあったものを見つけましょう!

 

 

家庭用の脱毛器って痛くない・・・・?

一昔前の脱毛器を使ったことがある人は、すこし痛いかも・・・と思いますよね。現代の家庭用脱毛器も進化して痛みは少なくなっていますが、刺激はやはりあります。これはどうしようもないですね。
痛みを感じる場所にも差があって、腕やお腹などの毛が細くて薄いところは痛みが少なく、ワキなどの毛が濃くて太いところは痛みを感じやすいです。
もし痛みが苦手な人、毛が濃い目なのでもしかしたら痛みを感じやすいかも・・・と思っている人は少し買うのを要検討してみた方がいいかもしれませんね。

 

 

家庭用の脱毛器と脱毛サロン

結局のところ、家庭用の脱毛器は買ってしばらくすると使わなくなることが多いようです。油断してしまうんですね。
「脱毛したい!」と思っている人は、脱毛サロンへ通い、予約を入れて、「行かなきゃ」と思いながら通う方がオススメですよ!

 

 

脱毛サロンや医療脱毛、行きたいけど行けない。

 

例えば住んでいるところが郊外で、脱毛サロンやクリニックが周りにない。
通いたいけど通う時間が無い。

 

通えない理由は様々ですよね。

 

脱毛したいけど、もう少し安い方法って無いのって考えている人も居るかもしれません。

 

自宅で脱毛できたら!
そう思う人って結構多いと思うんです。

 

そこで、自宅でできる脱毛方法をご紹介していきます。

 

家庭用光脱毛器

家庭で脱毛サロンの脱毛が可能なのが家庭用光脱毛器です。

 

ケノンに代表される家庭用脱毛器は、フラッシュ光を発して脱毛します。
発光の方法が少し違うだけで脱毛の原理は業務用と変わりません。

 

もちろん威力は小さいので効果は薄いと言えます。

 

ただ、自宅で何度でもできるので、効果が薄い分は回数でカバーできます。

 

家庭用レーザー脱毛器

レーザー脱毛はクリニックでしかできないと思っていませんか?
実は、普通の人がレーザーで脱毛することは禁止されているわけではないようです。

 

レーザー脱毛器も家庭用があります。
それほど高くない値段でレーザー脱毛器を購入することができます。

 

家庭用の脱毛器は脱毛サロンやクリニックに通うのに比べて費用が安いです。

 

電気シェーバー

様々な電気シェーバーば発売されています。
切り取るものから、引き抜くものまで発売されています。

 

脱毛ではないので、やり続ける必要があります。
さらに、剃ると濃くなるとも言われているので、脱毛とは言えませんね。

 

除毛クリーム

脱毛クリームとも呼ばれる商品です。
毛を溶かす成分でできたクリームを塗ることで、毛を溶かしてツルツルにします。

 

剃刀などで剃るよりも綺麗にすることができます。

 

脱毛しているわけではないので、だんだん薄くなるってことはありません。
アレルギー反応が出ることもあるので、パッチテストはかならずおこなってください。

 

除毛テープ

テープを張って剥がすことで毛を抜く方式のムダ毛処理です。