MENU

全身脱毛の光脱毛って何?

光脱毛というのは、特殊な光を毛根に照射することで脱毛を促す脱毛方法です。
この光は、メラニン色素という黒い色素にだけ反応する仕組みになっているので、黒い毛に反応し、抜けるという仕組みです。
脱毛の中にはこの光脱毛と、レーザー脱毛の二種類が存在します。
この記事では、光脱毛の特徴と、光脱毛とレーザー脱毛の違いをご紹介します!
これから光脱毛の施術を受けようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

 

光脱毛における特徴

光脱毛(フラッシュ脱毛)は、エステサロンや脱毛サロンで主に採用されている脱毛方法です。
この光脱毛はレーザー脱毛に比べて痛みが少なく、脱毛にかかる費用も比較的抑えることが出来ます。
こういったメリットがある一方、やはり出力が弱いので脱毛完了までに時間がかかるという面もあります。

 

脱毛に伴う痛みが少なく、料金を抑えられるので脱毛が初めてという方にオススメなのがこの光脱毛です。
では、もう一方のレーザー脱毛と比べてどのような違いがあるのか見ていきましょう!

 

 

レーザー脱毛と光脱毛

光脱毛とレーザー脱毛は、どちらも光を照射するのですが、その種類が違います。
光脱毛の光はいろいろな波長な光を広い範囲に当てますが、レーザー脱毛の場合はひとつの波長の光を当て熱を集めます。
この違いは、価格や効果など様々なところにもあらわれます。

 

効果は光脱毛の方が低く、レーザー脱毛の方が高いです。しかし、レーザー脱毛は少し痛みを感じることもあります。
料金は光脱毛の方が比較的安く済みます。レーザー脱毛は少し高くつきますが、その分効果が高く、通う回数も少なくて済みます。
施術をしてくれる人も、光脱毛の脱毛サロンではエステティシャンになり、レーザー脱毛のクリニックでは看護師さんになります。

 

以上のような違いがあり、光脱毛の場合は出力が弱いので効果が出るまでに時間がかかり、何度か店舗に通う必要があります。
しかしその分痛みが少なく、費用も安くなります。
自分がいまどのような状況で、どのような脱毛をしたいかをしっかり考え、自分にあった施術方法を選びましょう!

 

 

光脱毛の効果を感じるのは何回目?

光脱毛の場合、何回施術を受ければ効果を感じることが出来るのでしょうか?
人によって差がありますが、大体4回から6回くらい施術を受けることで毛が薄くなりはじめ、効果を感じると言われています。
そして15回から20回ほど受けることで毛が全部抜けてつるつるになるのが一般的です。
期間でいうと、つるつるになるまでは大体一年半から二年半くらいかかると考えるといいでしょう。

 

 

光脱毛を受けた前後はしっかりケア!

光脱毛を受けるときには、前後にしっかりお肌をケアしてあげる必要があります。
日焼けをしている場所には光を当てることが出来ないので、施術が出来ません。肌の乾燥にも注意です。
また、毛を剃る場合は前日か当日に行うのが推奨されています。
剃りの腰があった場合は追加料金を取られることがあるので、しっかりケアしておきましょう。

 

また、脱毛当日はアルコールを摂取したり、薬の服用、制汗剤の使用などは避けましょう。
体調や健康状態も整えておかないと、施術を受けられない可能性があります。

 

 

当日はどんな流れなの?

脱毛当日はどんな流れで、どんなことをするのか気になりますよね。
脱毛の施術を受ける当日の一般的な流れを簡単にまとめてみました。

 

①受付をして、施術を受ける部屋で施術着に着替えて待つ
②エステティシャンさんに脱毛ジェルを塗ってもらい、脱毛の光を当ててもらう
 (シェービングのサービスも予約している場合は、ここで剃毛する)
③脱毛が終わったら、ジェルを拭いて保湿などのアフターケアを施してもらう
④施術着から着替えたら受付にいき、次回の予約をする
 (店舗によってはインターネットなどで予約可能)

 

脱毛部位や範囲にもよりますが、狭い場所の一部位だけであれば大体30分から1時間ほどで終わることが多いです。
脱毛の後は、施術を受けた場所をしっかり保湿するなどのアフターケアを行いましょう。
脱毛後のアフターケアとしては、保湿をしたり熱を持っている場合は冷やしてあげ、日焼けなどをしないように守ってあげてください。

 

これらの中でも重要なのが保湿です。お風呂から上がった後には、しっかり水気をふいてからクリームなどで保湿してあげましょう。