MENU

10年前の痛い思い出です

現在41歳、派遣社員です。

 

30歳を過ぎた頃に、クーポン雑誌でキャンペーンを行っていることを知って通い始めたのが「エステ脱毛Pure名駅店」です。
子供のころから毛深さに悩まされ、スカートもノースリーブも無縁のスタイルを貫いてその時までは過ごしていました。
ところが!丁度そのころ転職をした先がいわゆる事務員スタイルの制服で、嫌でもスカートを履かなくてはならなくなったのです。

 

毛深いうえに敏感・アトピー肌の私にとって、それは辛い毎日でした。最初はカミソリで処理をしていたのですが、すぐに肌が負けて使えなくなってしまい、時間はかかりますがシェーバーの処理に変更。朝に処理しても夕方にはチクチクしてしまいますので、毎日の処理が必要でした。

 

この地獄のような毎日から脱出したい!と飛び込んだのが前述のエステです。

 

ワキ、ひざ下、ビキニラインの処理をお願いして、それから約2年通いました。

 

敏感肌・アトピー体質ということから、同じ症状を改善したという女性が担当してくれました。
その後、出力に耐えられるかどうかのテスト、今後のスケジュールを相談して終了いたしました。
皆さん非常にフレンドリーで、通っていらっしゃるお客様とも楽しそうにお話をされていたのを覚えています。

 

初回処理日ですが、部位的に着替える必要がありましたので、紙製のショーツとベアトップ調のタオルを貸して貰えました。
そしていよいよ処理となるわけですが、これがかなりの痛みを伴うもので、初回に試さなかったビキニラインなどは出力最低にして貰ってもなおひどく痛みを感じました。
気分を紛らわそうと思ってかなり店員さんともお話をしたのですが、私はかなり皮膚が薄い方だとのこと。

 

毎回かなりの気合を入れて臨んだのを今でもはっきりと思い出します。
通っている間に気になったことは、タオルやスリッパなどは新しい方が女性としては安心できるのですが、随分くたびれるまで使われるのだなぁ、と思った覚えがあります。
低料金ということもあり未成年のお客様と待合で一緒になったこともあるのですが、彼女たちが委縮してしまうような上からの物言いをされる方がみえて、ちょっと気の毒にも思いました。

 

最も感謝している点としては、エステに向かう途中の駅で他人の転倒事故に巻き込まれ、階段でひどく転んだ状態で足を引きずりながら処理に伺った時にとても親切にして貰った事です。

 

ブーツを脱いで脛を見ると、数か所紫色に腫れ上がってしまっていて、自分も含めてそこにいる全員で悲鳴を上げてしまうほどでした。

 

処理の間ずっとアイスパックを幹部にあてて下さったおかげで、それ以上腫れがひどくなる事もありませんでしたが、体のケア以上に皆様の優しさに精神的に随分落ち着くことができました。

 

2年通って処理をした結果ですが、それ以前よりも事故処理が楽になったかな、と思う程度には効果がありました。