MENU

VIO脱毛って何?

VIO脱毛ってよく聞きますよね。脱毛の中でも非常に人気の部位です。
VIO脱毛とは、アンダーヘアの脱毛を意味します。デリケートゾーンやビキニラインの脱毛のことです。
脱毛サロンでは、VIOすべてのラインを一緒にして、ハイジニーナ脱毛、という名前で呼ばれていることがあります。
ハイジニーナとは、海外での通称で、アンダーヘアをすべて脱毛した状態のことを意味します。

Vラインって何?

では、VラインIラインOラインについて詳しく説明していきます。
Vラインとはパンティーラインに沿ってV字になったラインのところを意味します。
体を正面から見て、陰毛が三角に生えていて、上と両側をVライン、内側をトライアングルと呼んでいる脱毛サロンが多いようです。
ここは水着などを着るときに気になるところです。はみ出してしまうのではないかと気になりますよね。

Iライン、Oラインって何?

残りのIラインとOラインについても説明いたしましょう。
Iラインは性器の横の縦の部分。Oラインは肛門の周りの部分です。
この辺りはいわゆる粘膜と呼ばれる部分で、非常にデリケートな部分です。
なので脱毛サロンでは粘膜への施術は行っていないところが多いです。
しかし、キレイモでは粘膜部分すべてへの脱毛施術が可能です。
また、アリシアクリニックではIラインスムースプランという粘膜すべてへの施術が可能なプランを提供しています。
IラインやOラインのムダ毛は、夏場などはムレの原因になるので悩みの種になりうるのです。

 

また、自己処理をつづけていると色素沈着を起こして黒くなってしまうこともあります。
デリケートゾーンの毛を剃ると、生えかけの時にチクチクして痛いし、下着を突き抜けてしまうこともあります。
こういった理由で、ハイジニーナ脱毛というのは非常に需要のある脱毛なんです。
施術を受ける勇気は要りますが、スッキリするということで女性にはオススメの脱毛です。

毛を残す形を指定できる!

VIOのラインを脱毛する場合、どういった形で陰毛を残すのかを指定できます。
IラインOラインはすべて毛をなくす形の方が多いですが、Vラインにはある程度陰毛を残す方が一定数いらっしゃいます。
ではみんな、どのような形で陰毛を残すのか?
一番人気なのは、逆三角形です。一番ナチュラルな形ですね。
逆三角形の形で、少し小さめに陰毛を残すことで下着や水着からはみ出さず、ナチュラルなデリケートゾーンになります。

 

その他にも、楕円(オーバル)と長方形の形です。逆三角形のトライアングルよりもずっと面積が小さくなります。
可愛らしいハート形なども人気の形のようです。
逆に、毛をすべてなくしてしまうハイジニーナという選択肢も存在します。

 

このハイジニーナですが、日本ではあまり聞いたことがありませんよね。しかし、欧米ではハイジニーナが一般的です。
デリケートゾーンを清潔に保つことが出来るのです。
また、毛をなくしてしまうのではなく、何度か光を照射することで全体的に毛を薄くすることも可能です。
割と自由が利くのが、VIOラインの脱毛なのです。

アンケートでは、多くの方が小さめのトライアングルにしたと回答

アンケートをとってみたところ、20名のうち14名が、Vラインの脱毛で小さい逆三角形型に陰毛を残したという回答がされました。
5名はVIOラインのすべての陰毛をなくすハイジニーナ脱毛、残り一人は全体的に毛を薄くする施術を受けたそうです。
以上のことから分かるように、ナチュラルなデリケートゾーンに仕上がる小さなトライアングル型が非常に人気のようですね!

 

気になるのが脱毛時に伴う痛みですね。
今回、ミュゼプラチナムと銀座カラーで行われた脱毛口コミから、VIOラインの痛みに関しての部分を抽出してみました。

VIOラインの脱毛って痛いの?

①ミュゼプラチナム

Vラインでの施術では、ほとんど痛みは感じませんでした。IラインやOラインでは、ほんの少しチクッとするような痛みを感じました。
しかし、時々感じる程度なので我慢することが出来ます。VIOラインの施術の中で一番痛いなーと感じたのはトライアングルの上の部分です。
針で何回かちくっちくっと刺されるような感じですが、我慢できないほどの痛みではありません!

 

②ミュゼプラチナム

やっぱりVIOラインは敏感な部分なので、痛みを感じることは結構ありました。ちくちくした感じです。
でも、痛み自体はそれほど大きくはないので我慢できますよ。

 

③銀座カラー

人によるとは思うのですが、私はあまり痛みはありませんでした。10段階で表すとだいたい3か4くらいです。
ゴムでぺちぺちと弾かれているような感じです。施術中よりも、施術後の方が熱をもってジンジンしている感じでした。